トップ  > Information  > 米国WOMMAと提携しました!

米国WOMMAと提携しました!

こんにちは。
WOMマーケティング協議会事務局の細川一成です。
WOMマーケティング協議会は19日、米国のWOMマーケティング団体WOMMAと提携をしましたので発表いたします。
この提携により日米両団体で連携してWOMマーケティング業界を盛り上げていければと考えています。


以下、報道発表資料になります。

===========================================================

2009年11月19日

WOMマーケティング協議会と米国WOMMAが提携
会員向けに、米国のクチコミマーケティングの最新情報を提供開始


日本のWOM(クチコミ)マーケティング※の発展を目指すWOMマーケティング協議会(東京都港区 理事長:太田滋 以下WOMJ)は、2009年11月19日、米国のWOMマーケティング団体WOMMA(The Word of Mouth Marketing Association 以下WOMMA)と提携プログラム「Friend of WOMMA」を締結しました。
WOMマーケティングの手法に早くから着目し、2005年よりクチコミマーケティングの研究を重ね、市場の発展に大きく貢献してきたWOMMAと提携することで、米国の最新手法、最新事例をWOMJ会員へ提供できるようになりました。

※WOMとは、Word of Mouthの略語で、クチコミを意味します。
WOMマーケティングは、クチコミを活用したマーケティング手法のことを表します。

ソーシャルメディアの発達や、既存広告手法での影響力低下などに伴い、米国ではWOMマーケティングについて先進的な取り組みを行ってきました。実際に、米国のクチコミマーケティングの市場は、2008年時点で前年比14.2 %の15億4,000万ドル※1と急成長しています。
そのため日本の広告代理店、企業の宣伝・マーケティング担当、CGM事業者などは米国のWOMマーケティング手法に高い関心を持っています。また国内企業のマーケティング活動のグローバル化や、 Federal Trade Commission's ※2の推奨広告の規約改定などの動向もあり、米国でのWOMマーケティング市場により一層の注目が集まっています。そこで、WOMMAとの提携により、米国の先進的な取り組みを収集し、会員に提供することで、国内のWOMマーケティング市場の健全な育成を促進します。

※1:出典 PQ Media's Word-of-Mouth Marketing Forecast 2009-2013
※2:アメリカ合衆国の独占禁止法および消費者保護法の運用を行う機関。


▼提携プログラム「Friend of WOMMA」
1.    WOMMAが発行するホワイトペーパー等の資料を5点まで会員に共有することが可能となります。
2.    WOMMA指定図書を特別価格での購入が可能となります。
3.    WOMMAが主催するセミナーやサミットに特別価格で参加することができます。

▼会員向けの情報提供内容
2010年3月上旬開催予定のWOMマーケティングサミットにて、WOMMAの事例研究会の発表内容などを会員向けに発表予定となっています。


【WOMマーケティング協議会】
●団体の名称:WOMマーケティング協議会
       (英語表記::The Word of Mouth Japan Marketing Association)
●団体名称の略称:WOM Japan あるいは WOMJ
●所在地:東京都港区赤坂5-3-1赤坂Bizタワー18F 株式会社博報堂DYインターソリューションズ内
●設立日:2009年7月29日
●団体形態:任意団体
●加盟数:法人会員団体28社、個人会員27名(2009年10月末日現在)

●WOMマーケティング協議会のミッション:WOMマーケティング業界の健全なる育成と啓発
●WOMマーケティング協議会の目的:
1. 業界の成長促進
2. 倫理規定の策定と浸透
3. ノウハウ・ナレッジの蓄積と共有
4. プロフェッショナル人材の育成
5. 各関係各所との良好な関係構築

【WOMMA】
●団体の名称:The Word of Mouth Marketing Association
●団体名称の略称:WOMMA
●所在地:アメリカ合衆国 イリノイ州 シカゴ市
●設立日:2005年5月
●団体形態:非営利法人
●加盟数:300団体

事務局

〒 158-0083

東京都世田谷区奥沢6-27-7 1F
株式会社レ・ミゼラ内

 
 
 
クチコミフェスタ