トップ  > ニュースリリース  > インフルエンサーのフォローとアンフォローについての調査を実施(メソッド委員会)

インフルエンサーのフォローとアンフォローについての調査を実施(メソッド委員会)

WOMマーケティング協議会
「やらされ感」のある投稿が増えるとアンフォローの恐れ

インフルエンサーのフォローとアンフォローについての調査を実施

 

日本のWOM(クチコミ)マーケティングの発展を目指すWOMマーケティング協議会(所在地:東京都世田谷区 理事長:井上一郎 略称:WOMJ)は、この度ソーシャルメディア上のインフルエンサーへのフォローとアンフォロー(フォロー中止)についての調査(対象者20-39歳男女)を行いました。その結果をまとめましたのでお知らせいたします。

  • フォローしているインフルエンサーが1人以上いる人は57%。そのうち、アンフォローしたインフルエンサーがいる経験のある人が31%。
  • アンフォロー理由として「関心がなくなった、飽きた」「面白くなくなった」など関心の低下が多いが、「お金目当てと思われる投稿が目立った」「ステマ(※ステルスマーケティング)をやっていると思えた」などインフルエンサーマーケティングに関連する項目も理由になっていた。
  • フォローした当初に比べて変わったと感じる点として「商品やサービス紹介ばかりになった」「お金目当ての投稿が増えた」と答える人も少なくなかった。

また、インフルエンサーマーケティング(インフルエンサーによる商品やサービスの紹介行為)について、どんな紹介の仕方が良いと感じ、どんな紹介の仕方が嫌だなと感じるか尋ねました。

するとフォロワーは「商品やサービスの魅力の分かりやすさ」「実際に使いながら紹介」「楽しそうに使う」などを良いと思い、「ビジネス感」「宣伝させられている感じ」「わざとらしさ」などがあると嫌だと思うことが分かりました。

これらの結果から、インフルエンサーによる商品やサービス紹介はその「良さ」がフォロワーに感じられている反面、「やらされ感」ともいえる不自然な紹介の仕方や過度な投稿がフォロワーの離反を招き、アンフォローにつながりかねないこともわかりました。インフルエンサーや広告主が心に留め置かなければならない事項だと考えられます。

この他の主な調査結果については、PDF資料をご覧ください。

WOMJでは、引き続き消費者、インフルエンサー、広告主それぞれにメリットのある健全なインフルエンサーマーケティングの普及に貢献したいと考えております。

 

また、3月16日(火)に開催の「クチコミフェスタ」(https://www.womj.jp/kuchikomi2020.html)では、当該調査内容を基にした、「”カリスマスイッチ“フォロワー離脱とインフルエンサーマーケティングとの関係について」と題したメソッド委員会主催のセッションを行います。

連絡先 WOMマーケティング協議会
広報担当理事 細川一成 
理事 メソッド委員会委員長 宇賀神貴宏
ugajin@womj.jp

 

PDF資料(図表含む)はこちらをご参照ください。
release_210315

事務局

〒 158-0083

東京都世田谷区奥沢6-27-7 1F
株式会社レ・ミゼラ内

 
 
 
クチコミフェスタ